100%乳酸菌「ニブロン」の販売は、こちらへ!
 オーナーが「おなか健康」を実践する切っ掛けとなり、20年以上も愛用している100%乳酸菌「ニブロン」って?

●健康私感~No.12013年11月28日

●私(62歳)の健康法(ウォーキング・前編)

 60歳の誕生日を迎える月末(2012.1月)に、40年近く勤めた会社を定年退職して、早二年目を迎えようとしている。
 1998年から始めた健康情報の収集とその情報を基にしたホームページ(最近はブログ)の更新を飽きもせずに未だに続けています。その中で120歳まで健康で長生きする方法を探っている積りでいたが、どうも加齢に伴って高齢者という未経験ゾーンに足を踏み入れてしまったことで、今まで全く意識しなかったことが、高齢者の健康には大事なのだというようなことを気付くような歳になったということで、「健康私感」というコーナーを設けて、折に触れて私の健康感を綴っていこうかなと思っています。

 退職後の1年間は、毎日が日曜日という感覚に酔っていたようで、運動もせずに新築した快適な「終の棲家」でごろごろしていたら、鏡に映る自分の顔がいつの間にかシャキっとしていないし、いつからか左手を上げて趣味のカメラを持ち上げる際にも痛みが走るようになっていた。更に左足のアキレス腱にも、歩きだす時に痛みが走るようになっていた。
 腕の痛みについては、全く心当たりがなく、50歳頃に経験した所謂「五十肩」は右肩だったし、それが左の肩に出てきたのかな~と思っていた節もあるが、どうもそうでは無いな~と・・・、何となく思っていたのである。
 左足の痛みは、退職前の数年前から、椅子から立ち上がり歩き出すと、暫く痛みが走っていたことを思い出しながら、多分これらの痛みは、運動不足が原因だろうと、何となく感じ始めていたのである。

 こういう状況を改善しようと、2013.4月頃から始めたのがウォーキングである。 近くにある運動公園まで歩いて片道30分なのであるが、その運動公園で行うストレッチも加え、所要時間は1.5時間を、一日置きにやりたいと思っていたが、長続きしていない。 現在は2~3回/週のペースであり、不定期になっている。 曜日を決めても天候やその他所要で実行できないので、体が鈍ってきたな~と感じ始めたらウォーキングに出かけるようにしている。
 では、何で往復一時間ものウォーキングなのか?であるが、昨年(2012年)の夏に受験した「健康管理士」の資格の勉強中に読んだテキスト中に、体脂肪を燃やすには有酸素運動が大事だとあり、最低でも20分以上体を動かさないと、脂肪は燃えないという事を知った為である。
 今年(2013年)の酷暑の中、ムキになって3回/週のペースで実行したら、結構日焼けしてしまった。 でも、そのお蔭もあり前記した腕と足の痛みが、いつの間にか感じなくなっている。 ということは、やはり自覚症状の運動不足だったことが裏付けられたということで、あまり自慢にならない健康オタクの有様だ。(笑)

 そういうことで、健康を維持するには、相応に運動をすることが、大事なのだということを実感したのであるが、120歳まで健康で長生きしようと食事等に気をつけているのだが、30~50歳代には予想だにしなかったことが、体に響いてくることを体感したということである。 こういう事って、ものの本には書いてるのだけれど、体験してみないと判らないものだとつくづく思った次第なのです。(泣)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://health-info.asablo.jp/blog/2013/11/27/7078160/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

100%乳酸菌ニブロンの購入サイト 私(オーナー)の腸内健康法として23年間愛飲している乳酸菌を紹介します。
 現役時代ひどい便秘に悩まされていた時にふとした切っ掛けで巡り合った乳酸菌。以来、毎日欠かすことなく飲んでいます。私には便秘の解消から始まって、肝機能の維持・回復と重宝しております。お蔭さまで、悪臭便をする事が無く、花粉症も発病せず、インフルエンザにも罹らず、今となっては結果的に老化防止にも効いているようで、年齢より10歳くらいは若く見えるようです。 そのような訳で、一人でも多くの方が健康になればとの思いで、皆様に奨めています。!