100%乳酸菌「ニブロン」の販売は、こちらへ!
 オーナーが「おなか健康」を実践する切っ掛けとなり、20年以上も愛用している100%乳酸菌「ニブロン」って?

◎峠から望む霧景色Ⅲ2013年11月17日

クリックすると拡大できます→◎峠から望む霧景色Ⅲ
標高2000mの峠の山肌に襲いかかる霧。山の天気は、刻一刻と変化して、晴れていたと思えば、あっという間に霧の中に峠を包み込みます。紅葉の始まった山肌に霧が流れ、雲間から僅かに光が射して、面白い光景となりました。
(2013.10.24撮影)

 Fotopusへの投稿作品の一覧は、こちら! (ここをClickして!

カメラ :オリンパス OM-D E-M1
レンズ :M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
撮影場所:長野県・佐久市・大河原峠

■トランス脂肪酸、米で全面禁止へ 健康への悪影響理由に2013年11月17日

トランス脂肪酸、米で全面禁止へ 健康への悪影響理由に
  http://apital.asahi.com/article/news/2013110800005.html
     朝日新聞 > apital > ニュース > 2013/11/08
 米食品医薬品局(FDA)は11月7日、ファストフードやお菓子などに多く含まれ、摂り過ぎると動脈硬化などの原因になるとされるトランス脂肪酸の使用を全面的に禁止する方針を固め、今後60日間で国民から意見を募り、開始時期などを含めた規制の詳細を決めるという。
 トランス脂肪酸は、植物油を加工して作るマーガリンや、お菓子や揚げ物油として使われるショートニングに多く含まれる。米国では2006年から、加工食品に含有量の表示を義務づけており、ニューヨーク市などの一部自治体では、独自に使用を規制していた。
 FDAによると、米国人のトランス脂肪酸の摂取量は、03年の平均4.6g/日 から12年には日本人並みの1g/日 にまで減少。健康への悪影響が指摘されたことで、自主的に使用を避ける食品メーカーやファストフード店が増えたことなどが影響したとみられる。 ただ、一般家庭でよく食べられている冷凍ピザや電子レンジで調理するポップコーン、コーヒー用クリームなど含有する食品はまだ多く含まれている。

 日本では、食品での含有量の表示義務や使用規制は特に無く、平均的な食生活を送っている日本人のトランス脂肪酸の摂取量は、健康上問題になるレベルではなく、現時点で規制強化の動きはない。1日に摂る総カロリーの1%未満にするよう求める世界保健機関などの勧告も満たしている。

≪関連記事≫:
米FDA、トランス脂肪酸の安全性否定へ転換―禁止に向かう公算
  http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304218104579184331810559094.html
     ウォール・ストリート・ジャーナル > ライフ > ヘルス > 2013/11/08
100%乳酸菌ニブロンの購入サイト 私(オーナー)の腸内健康法として23年間愛飲している乳酸菌を紹介します。
 現役時代ひどい便秘に悩まされていた時にふとした切っ掛けで巡り合った乳酸菌。以来、毎日欠かすことなく飲んでいます。私には便秘の解消から始まって、肝機能の維持・回復と重宝しております。お蔭さまで、悪臭便をする事が無く、花粉症も発病せず、インフルエンザにも罹らず、今となっては結果的に老化防止にも効いているようで、年齢より10歳くらいは若く見えるようです。 そのような訳で、一人でも多くの方が健康になればとの思いで、皆様に奨めています。!