100%乳酸菌「ニブロン」の販売は、こちらへ!
 オーナーが「おなか健康」を実践する切っ掛けとなり、20年以上も愛用している100%乳酸菌「ニブロン」って?

◎色の無い世界Ⅱ2014年03月15日

クリックすると拡大できます→◎色の無い世界Ⅱ
(撮影日:2014.02.22)

世界遺産登録の合掌造り集落・白川郷の冬景色です。集落のはずれ にある棚田に積もった雪景色に見とれ、シャッターを切ったのですが 、運良く雲間から漏れた陽の光跡を捉えていたので、敢えてカラー表 現に拘っていました。少しちらつく雪も映り込んでおり、背景の木々 や手前の小屋を絡めた棚田の景色をモノクロにしてみることで雪国の 風情がより出てきて、生き返った一枚になったように思います。

 Fotopusへの投稿作品の一覧は、こちら! (ここをClickして!

カメラ :オリンパス OM-D E-M1
レンズ :M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
撮影場所:岐阜県・大野郡白川村・白川郷

■突発性難聴、音楽聴かせ治療 愛知・生理研が発表2014年03月15日

突発性難聴、音楽聴かせ治療 愛知・生理研が発表
  http://apital.asahi.com/article/news/2014013000009.html
     朝日新聞 > apital > ニュース > 2014/01/30
 愛知県岡崎市の生理学研究所の岡本秀彦特任准教授(耳鼻科医、神経科学)らが1月29日付けの英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」電子版に発表したところに依れば、突発性難聴で片側の耳が聞こえ難くなった患者に音楽を聴かせることで機能回復を促し、症状を改善することに成功したという。

 突発性難聴は、片側の耳で発症し、原因は不明。主にステロイドを点滴する治療が用いられるが、2~3割の人は回復しないという病気。
 今回の研究は、中程度の症状でステロイド治療をしている発症直後の患者22人を対象に実施。治療を続けながら、正常な耳に耳栓をして聞こえない状態にする一方、難聴の耳に1日約6時間、ヘッドホンで適度な音量の音楽を聴かせた。音域が広く、長時間聴くのに苦にならないようクラシック音楽を選んで10日ほど続けて、聴力を調べると全員の難聴側の耳の聴力が一定以上は回復した。脳の反応を調べても効果がみてとれた。 難聴の耳に対応する脳部位が再活性化した可能性があるという。

 岡本特任准教授らによると、片側の耳が聞こえ難くなると、そちら側から脳への信号が少なくなり、脳は正常な側の耳ばかりを使うようになるため、難聴の耳は使われにくくなり、さらに機能が低下する悪循環になるという。慢性化した人や重度の患者への効果は不明だが、安価で副作用がない治療法になる可能性があるという。
100%乳酸菌ニブロンの購入サイト 私(オーナー)の腸内健康法として23年間愛飲している乳酸菌を紹介します。
 現役時代ひどい便秘に悩まされていた時にふとした切っ掛けで巡り合った乳酸菌。以来、毎日欠かすことなく飲んでいます。私には便秘の解消から始まって、肝機能の維持・回復と重宝しております。お蔭さまで、悪臭便をする事が無く、花粉症も発病せず、インフルエンザにも罹らず、今となっては結果的に老化防止にも効いているようで、年齢より10歳くらいは若く見えるようです。 そのような訳で、一人でも多くの方が健康になればとの思いで、皆様に奨めています。!