100%乳酸菌「ニブロン」の販売は、こちらへ!
 オーナーが「おなか健康」を実践する切っ掛けとなり、20年以上も愛用している100%乳酸菌「ニブロン」って?

◎いつか来た道2009年05月05日

忍野八海近くの小川沿いの道を散策していましたが、懐かしい何とものどかな雰囲気に惹かれて、シャッターを押しました。

(2009.04.18撮影)

◎二人の思い出に!2009年05月05日

忍野の桂川から見る、桜咲く春の富士景色です。 旅愁を誘う風景と富士山がコラボして、二人の記憶にいつまでも残ると思います。

背後には、カメラマン多数あり、この位置に出るのをためらっていたら、このカップルが臆面もなく出現したので、私もそのタイミングで、このカップルと一緒に富士を切り取りました。(笑)

(2009.04.18撮影)

■痩せると肥満より危険、5Kg以上減 死亡率1.4倍2009年05月05日

痩せると肥満より危険、5Kg以上減 死亡率1.4倍…厚労省調査
  http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20090423-OYT8T00613.htm
     YOMIURI ONLINE > 医療と介護 > ニュース 2009/04/23 
 全国の40~69歳の男女約88,000人を平均約13年間追跡調査した厚生労働省研究班(主任研究者=津金昌一郎・国立がんセンター予防研究部長)の大規模調査によって、成人後に5Kg以上体重が減った中高年は、男女共に死亡する危険が1.3~1.4倍高くなるが、体重増による死亡率増加の関係は認められなかったという。

 調査期間中に6,494人が死亡した。この内、5Kg以上体重が減少した人は、変化が小さかった人に比べ、男性で1.44倍、女性で1.33倍死亡率が高かった。一方、20歳時から5Kg以上体重が増加した男性は、死亡率が0.89倍に下がり、女性では変化が見られなかった。体重が10Kg以上増加した人で見ても、男女とも死亡率に大きな変化はなかった。

 日本人は、外国人とは異なり極端な肥満がもともと少なく、肥満が死亡率に与える影響が調査結果には反映しなかったとみられ、痩せると死亡率が上がる原因については、今回の調査からは判らなかったが、体重低下で免疫力が落ち、感染症などに罹り易くなることが考えられる。

◎「春の小川」と富士2009年05月05日

昨年は雲のベールで背景に富士を配することができませんでしたが、今年は桜と一緒の念願が叶いました。 レンズを新調した効果をもっと実感していきたいと思っています。

(2009.04.18撮影)

◎おはよう!2009年05月05日

青梅・塩船観音の躑躅を見に行ってきました。 見頃にはまだ1週間程度早かったこともあり、人出も少なく卸し立てのレンズの試し撮りには最適でした。

(2009.04.19撮影)

100%乳酸菌ニブロンの購入サイト 私(オーナー)の腸内健康法として23年間愛飲している乳酸菌を紹介します。
 現役時代ひどい便秘に悩まされていた時にふとした切っ掛けで巡り合った乳酸菌。以来、毎日欠かすことなく飲んでいます。私には便秘の解消から始まって、肝機能の維持・回復と重宝しております。お蔭さまで、悪臭便をする事が無く、花粉症も発病せず、インフルエンザにも罹らず、今となっては結果的に老化防止にも効いているようで、年齢より10歳くらいは若く見えるようです。 そのような訳で、一人でも多くの方が健康になればとの思いで、皆様に奨めています。!