100%乳酸菌「ニブロン」の販売は、こちらへ!
 オーナーが「おなか健康」を実践する切っ掛けとなり、20年以上も愛用している100%乳酸菌「ニブロン」って?

■禁煙しても肺癌死の過剰リスクは30年続く2008年06月01日

禁煙しても肺癌死の過剰リスクは30年続く
  http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/jama/200805/506559.html
     Nikkei Medical Online HOT NEWS 2008/05/23
 米国Harvard大学のStacey A. Kenfield氏らが、米国看護師健康調査(NHS)に参加した女性を1980年~2004年まで追跡が行われた104,519人の女性を対象に、喫煙と禁煙が総死亡と死因別死亡にもたらす影響と、どの位の期間、禁煙を続ければ死亡リスクが下がるのかを調べ結果を、JAMA誌2008年5月7日号に発表したところによれば、喫煙者の総死亡リスクは非喫煙者の3.26倍であり、特に1日に35本以上喫煙する女性の肺癌死亡リスクは非喫煙者の40倍に上ることが明らかになった。また、喫煙者が禁煙しても、肺癌死の過剰リスクは30年間続くことが示された。

 喫煙者を、1日の喫煙本数が1~14本、15~24本、25~34本、35本以上の4群に分け、喫煙開始年齢については、17歳以下、18~21歳、 22~25歳、26歳以上で層別化し、禁煙者は、禁煙してから5年未満、5年以上10年未満、10年以上15年未満、15年以上20年未満、20年以上の5群に分類した。

▼禁煙者、非喫煙者と比較した喫煙者の特徴:
 18歳以降の体重増加が少ない、高血圧者の割合が少ない、BMIが低い、飲酒量が多い、運動量が少ない等。

▼非喫煙者に比べた喫煙者死亡リスク:
 総死亡リスクは高く(ハザード比2.81)。脳血管死亡を除くほとんどの死因において、死亡リスクは1日の喫煙本数の増加と共に上昇。
 特に、1日当たり35本以上の喫煙と強力な関係が見られたのは、COPD(ハザード比114.55、)と肺癌(39.88)だった。

▼喫煙開始年齢と死亡リスクの関係:
 喫煙開始年齢が17歳以下だと総死亡のハザード比は2.93。
 26歳以降の喫煙開始では2.40。但し、開始年齢と死亡リスクの関係は、血管疾患では有意ではなく、呼吸器疾患、喫煙関連の癌では有意だった。

▼喫煙者の喫煙関連癌による死亡のハザード比: 7.25

▼喫煙者の死亡の約64%に喫煙が寄与:
 血管疾患死亡ではその割合は69%、呼吸器死亡は90%、肺癌死亡では95%、肺癌その他の喫煙関連癌による死亡は86%、その他の癌は37%、他の死因による死亡でも47%に喫煙が関与していた。

▼喫煙者の死亡の約64%に喫煙が寄与:
 血管疾患死亡では、その割合は69%、呼吸器死亡では90%、肺癌死亡では95%、肺癌その他の喫煙関連癌による死亡では86%、その他の癌では37%、他の死因による死亡でも47%に喫煙が関与していた。

▼肺癌など一部の疾患はリスク消失までに20年以上を要し、喫煙開始年齢が低いほど、呼吸器疾患死亡、肺癌死亡、その他の喫煙関連癌による死亡のリスクが上がる。又、喫煙は大腸癌による死亡のリスクを有意に上昇させる。

▼原題:Smoking and Smoking Cessation in Relation to Mortality in Women

■高齢者はメタボよりも高血圧と空腹時高血糖に注意すべき2008年06月07日

高齢者はメタボよりも高血圧と空腹時高血糖に注意すべき
  http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/mem/pub/hotnews/etc/200805/506591.html
     Nikkei Medical Online HOT NEWS 2008/05/27
▼収縮期血圧150mmHg以上、空腹時血糖110mg/dL以上で有意なリスク上昇

 米国で用いられているNCEP-ATP III基準では、5つの危険因子(腹部肥満、トリグリセリド高値、HDL-c低値、高血圧、耐糖能異常)を指標とし、3項目以上該当すればメタボと判定される。IDF(国際糖尿病連盟)とWHOもほぼ同様の基準を使用している。

 米国Brigham and Women’s HospitalのDariush Mozaffarian氏らが、米国で1989~1993年に行われた、65歳以上の高齢者の心血管リスクを調べた集団ベースの多施設試験Cardiovascular Health Studyの被験者で、心血管疾患(CVD)の既往がなかった4258人を、2004年まで追跡しCVDと非CVDによる死亡を調べた結果、メタボリックシンドローム(以下、メタボと略)自体よりも、メタボの診断基準の構成要素に含まれる空腹時高血糖と高血圧が、高齢者の死亡の予測因子として有効であることを、Arch Intern Med誌2008年5月12日号に発表した。

メタボ群の死亡率は、非メタボ群に比べ22%高かった(相対リスク1.22)

     死亡リスク上昇は、空腹時高血糖(110mg/dL以上または治療されている糖尿病患者)があるメタボ患者(相対リスク1.41、1.27-1.57)、高血圧があるメタボ患者(1.26、1.15-1.39)で高かった。
     空腹時高血糖がないメタボ患者では相対リスク0.97(0.85-1.11)、高血圧がないメタボ患者では0.92(0.71-1.19)で、リスク上昇は見られなかった。
男女差について
     メタボ患者の死亡の相対リスクは、男性の方が女性よりも高く(P=0.03)、男女とも空腹時高血糖または高血圧のあるメタボ患者でリスク上昇が見られた。年齢、人種などとの関係は見られなかった。
 空腹時高血糖と高血圧の両方を持つ集団の死亡リスクは、これらを両方とも持たないグループに比べ82%高い(相対リスク1.82、1.58-2.09)。
 メタボは、死亡リスクを22%上昇させる(1000人-年当たり死亡が9.2増加)。しかしメタボは、高血圧、空腹時高血糖がない高齢者の死亡リスクを予測することができないなど、総死亡とCVD死亡、非CVD死亡の予測における有用性は限られていることが明らかになったという。

■心筋梗塞防止、やっぱり魚や野菜 阪大などが国内調査2008年06月07日

心筋梗塞防止、やっぱり魚や野菜 阪大などが国内調査
  http://www.asahi.com/health/news/OSK200805270090.html
     asahi.com > 健康 >健康・生活 2008/05/27 
 大阪大の磯博康教授(公衆衛生学)や国立がんセンターの研究チームが、岩手、秋田、長野、沖縄の4県で90~95年に実施された生活習慣のアンケートをもとに、40~59歳の男女約4万人の葉酸、ビタミンB6、ビタミンB12の1日当たりの摂取量を推計し、それぞれ摂取量別に5グループに分け、11年間にわたって追跡した結果、それぞれ摂取量が多いほど心臓病の危険性が減っていく傾向が確認されたという。

 摂取量最少のグループを基準にすると、ビタミンB6では最も摂取量の多いグループの危険性は52%、ビタミンB12でも53%に減っていた。

 葉酸は野菜や緑茶など、ビタミンB6は魚やレバー、豆類など、ビタミンB12は魚などに多く含まれており、日本人は一般に、葉酸やビタミンB12に比べ、ビタミンB6の摂取量が少ないので、ビタミンB6を多く含む食品を積極的に食べることが予防につながると分析している。

■40歳時点で喫煙…余命は4年短く 30万人調査で判明2008年06月13日

40歳時点で喫煙…余命は4年短く 30万人調査で判明
  http://www.asahi.com/health/news/TKY200805310308.html
     asahi.com > 健康 >健康・生活 2008/06/01 
 京都府立医科大の小笹(おざさ)晃太郎・准教授(疫学)らの、約30万人を対象に10年間追跡した厚生労働省研究班の調査結果によれば、40歳の時に、たばこを吸っている人の平均的な余命は、吸わない人と比べて男女とも4年近く短いことが、判ったという。

 喫煙率は男性54%、女性8%。データから年代ごとの余命を計算すると、40歳の男性でたばこを吸う人の余命は38.5年で、吸わない人の42.4年より3.9年短かった。40歳の女性では、喫煙者が42.5年で、吸わない人の46.1年より3.6年短かった。

 早めに禁煙すれば、影響は少ないことも確認された。 又、たばこの本数と余命との関係では、1日に1~14本吸う40歳男性は38.3年、15~24本では38.7年、25本以上では37.9年で、あまり変わらなかった。 こうした調査は一般に、追跡期間が長いほど、吸う人と吸わない人の差が広がり、英国で50年間追跡した研究では両者の差が10年ほど開いた。また、吸わないという人も、実際には他人の煙による受動喫煙による健康被害で、本来よりも余命が短くなり、差が小さく見えている可能性もあるという。

■NK細胞で移植後の肝がん防ぐ2008年06月13日

NK細胞で移植後の肝がん防ぐ
  http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20080601-OYT8T00229.htm
     YOMIURI ONLINE > 医療と介護 > ニュース 2008/06/01 
 肝臓がんで臓器移植を受けた後の再発の防止に、広島大の大段秀樹教授(外科学)らが成功
 広島大の大段教授らは、2年前に移植用の肝臓に通した後の保存液から、強い抗ガン作用を持つNK細胞を発見した。2日間培養し、肝臓ガンを殺す能力を高めたNK細胞の投与を移植患者に始め、再び肝がんができるのを防ぐことに成功したという。

 肝臓がん患者に移植を行った後、体内に残るがん細胞により移植した肝臓に再びガンができる場合があるが、2000~2006年に移植を受け、NK細胞を投与されなかった患者42人のうち4人に再びガンができたが、細胞を投与した14人には現在、ガンはできていないという。  培養したNK細胞の表面には、肝臓がんを殺す働きを持つたんぱく質が多数生成され、肝炎ウイルスの増殖を抑えるインターフェロンを作り出す働きも持ち、何もしない場合と比べ、ウイルスの量を一時1/100まで減らすことが出来たという。

■ビタミンB群多く摂る人は、心筋梗塞になり難い2008年06月14日

ビタミンB群多く摂る人は、心筋梗塞になり難い
  http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20080606-OYT8T00449.htm
     YOMIURI ONLINE > 医療と介護 > ニュース 2008/06/06 
 厚生労働省研究班(主任研究者=津金昌一郎・国立がんセンター予防研究部長)の大規模調査で分かった
 磯博康・大阪大教授らは、岩手、秋田など4県の40~59歳の男女約4万人を対象に、約11年間にわたって調査した結果、食事内容からビタミンB群のビタミンB6やB12、葉酸の摂取量を算出して、ビタミンB群が豊富な魚や野菜などを多く食べる人は、心筋梗塞になり難いことを裏付けた。

 調査結果は、B6の摂取量が多い人(1.6mg/日)は、最も少ない人(1.3mg/日)より、心筋梗塞になる恐れが48%低かった。B16や葉酸でも、それぞれ47%、37%低下した。 ただ、B群のうち1種類だけ多くても、発症の恐れは1.45~1.74倍高く、バランスの良い食事が重要だという。

■「カーボンナノチューブでも中皮腫」――アスベスト同様との論文2008年06月15日

「カーボンナノチューブでも中皮腫」――アスベスト同様との論文
  http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0805/21/news028.html
     ITmedia News > 海外  2008/05/21 
 新素材として期待がかかるカーボンナノチューブが、肺がんなどを引き起こすアスベストと同様に作用するという研究結果が発表された
 英エディンバラ大学のケネス・ドナルドソン教授らの英・米の研究者らが5月20日発表したところによれば、長繊維状のカーボンナノチューブは、長繊維状の構造がアスベストファイバーの構造と似ているだけでなく長繊維状のアスベスト同様に作用し、悪性中皮腫を引き起こす可能性があることをマウスを使った実験で確認したという。

 約20年前に発見されたカーボンナノチューブは、プラスチックのように軽量で鋼鉄のように強靭なことから、新薬や電池、エレクトロニクスなどさまざまな分野で活用されている。

 今回の実験は、長繊維状と短繊維状のカーボンナノチューブ、長繊維状と短繊維状のアスベストファイバーを、それぞれマウスの腹腔に注入した。その結果、長繊維状のカーボンナノチューブは、長繊維状のアスベストファイバーと同様の作用を示したが、大気中のカーボンナノチューブが吸入可能かどうか、吸入された場合肺まで届くかどうかなどは分かっていない。また短繊維状のチューブや湾曲したチューブにはアスベストのような働きは確認できなかった。
 カーボンナノチューブの安全性について、今後さらに研究が必要のようだ。

■体脂肪溜めず…代わりに体のデータ、ウェブ蓄積2008年06月19日

体脂肪溜めず…代わりに体のデータ、ウェブ蓄積
  http://www.asahi.com/health/news/TKY200806010123.html
     asahi.com > 健康 >健康・生活 2008/06/01 
 ヘルスメーターに乗るだけで体脂肪率などのデータが自動的に蓄積され、変化がグラフで一目瞭然という「世界初」の会員制サービスを、ヘルスメーター大手のタニタとNTT東日本が始めた。

 タニタの無線通信機能付き体組成計で、体重や体脂肪率、筋肉量などを測り、自動的に転送。
 データは、NTT東の光ブロードバンドサービス経由で会員制ウェブサイトに蓄積し、PCや携帯電話からサイトに接続し、グラフで変化をチェックする。

 料金は、入会金やサイト利用料、体組成計と無線レシーバーのセットで税込み49,480円(2年契約)だが、NTT東のブロードバンドサービスに入っていれば4,000円の入会金が不要。

タニタの「Press Release
  「会員制ウェブサービス「からだカルテ」に、新コンテンツ グラフ化した計測データをブログパーツとして提供 (PDF)

■抗酸化物質は癌の治療効果を低下させる2008年06月19日

抗酸化物質は癌の治療効果を低下させる
  http://health.nikkei.co.jp/hsn/news.cfm?i=20080605hj000hj
     NikkeiNet いきいき健康 米国発ニュース 2008/06/05
米国海軍医療センター(サンディエゴ)のBrian Lawenda博士らが、米医学誌「Journal of the National Cancer Institute」オンライン版に5月27日(印刷版は6月4日号)発表したところによれば、過去の研究のレビュー(再検討)によって、放射線療法あるいは化学療法を受ける癌患者は、抗酸化物質を多く含むサプリメント(栄養補助食品)の摂取を避けた方がよいという。

 多くの癌患者は、抗酸化物質により治療効果が高まると信じてサプリメントや緑茶を摂っており、抗酸化物質は細胞を保護するため健康に良いと一般には考えられているが、研究者らはこのような世間一般の通念に疑問をもち、治療中の癌患者には抗酸化物質が害になるのではないかと考えてきた。

 今回のレビューでは、抗酸化物質と癌治療に関する研究について検討。放射線療法と抗酸化物質に関する無作為化対照試験(治療を比較するのに最も優れた試験方法とされる)は3件あり、そのうち1件は抗酸化物質により死亡率が増大することを示していた。
 抗酸化物質が正常細胞と同じように癌細胞も保護してしまい、癌細胞を死滅させる治療の妨げになる可能性があるため。

 マルチビタミンは問題のない場合もあるが、緑茶やビタミンAあるいはビタミンEのサプリメントは害をもたらす可能性があるという。抗酸化サプリメントによって放射線療法や化学療法の効果が低下するばかりか、治療による毒性が増大する可能性もあり、治療中は高用量のサプリメントの摂取を避けたほうが良いようだ。

▼原文: Cancer Patients Should Steer Clear of Antioxidants
   Research review suggests they may help cancer cells resist chemo, radiation

■紫陽花が咲き誇る寺2008年06月20日

梅雨の晴れ間の鎌倉散歩を楽しみました。アジサイ寺を訪れましたが、すごい人出に閉口しながら、ごった返す鑑賞路から人影を消した、閑静な庭に咲き誇る花は見事でした。(2008/6/14撮影)
100%乳酸菌ニブロンの購入サイト 私(オーナー)の腸内健康法として23年間愛飲している乳酸菌を紹介します。
 現役時代ひどい便秘に悩まされていた時にふとした切っ掛けで巡り合った乳酸菌。以来、毎日欠かすことなく飲んでいます。私には便秘の解消から始まって、肝機能の維持・回復と重宝しております。お蔭さまで、悪臭便をする事が無く、花粉症も発病せず、インフルエンザにも罹らず、今となっては結果的に老化防止にも効いているようで、年齢より10歳くらいは若く見えるようです。 そのような訳で、一人でも多くの方が健康になればとの思いで、皆様に奨めています。!