100%乳酸菌「ニブロン」の販売は、こちらへ!
 オーナーが「おなか健康」を実践する切っ掛けとなり、20年以上も愛用している100%乳酸菌「ニブロン」って?

・もう薬には頼らない プロバイオティクス健康法2006年11月12日

もう薬には頼らない プロバイオティクス健康法
  ―21世紀、自分の体はこれで守る  
▼もう薬には頼らない プロバイオティクス健康法
  ―21世紀、自分の体はこれで守る

 ・中谷 林太郎・平塚 秀雄【監修】・小学館・家庭医学研究会プロバイオティクス研究グループ【編】 [B6 判] NDC分類:491.7 販売価:\1,365(税込) (本体価:\1,300)

≪出版社コメント≫
 病気知らずの体づくりは、乳酸菌・ビフィズス菌から。抗生物質が効かない!21世紀は共生物質の時代。

 遺伝子治療ではアメリカが一歩先んじた先端医療開発競争ですが、その二の舞を踏むまいとEUが一大プロジェクトとして研究開発しているのがプロバイオティクスです。
 プロバイオティクスとは、乳酸菌やビフィズス菌などの人体に有益な働きをする微生物を含んだ食品のことです。最新の研究では、生活習慣病やがんの予防効果ばかりでなく、老化防止効果のあることもわかっています。
 21世紀は予防医療の世紀といわれ、病気にかかりにくい体づくりのためには何が必要かが医学のテーマとなっていて、その一つとしてプロバイオティクスが一躍脚光を浴びているわけです。
 本書は、最新の研究データをもとにプロバイオティクスのすべてを解明します。

 プロバイオティクスとは、人体に有益な微生物を含んだ食品のこと。乳酸菌やビフィズス菌が代表ですが、どのような効果があるのか、なぜ21世紀の健康生活に不可欠なのかを、最新の医学研究データをもとに徹底的に解明します。

第1章 有用菌と「共生」する時代がはじまった
第2章 乳酸菌・ビフィズス菌の驚異のパワー
第3章 乳酸菌効果で美肌と若い体に
第4章 乳幼児の病気を防ぎ、健やかに育てる
第5章 生活習慣病(成人病)と老化を防ぐ
第6章 乳酸菌、ビフィズス菌の効果的なとり方
おわりに―“予防医学”の新しいかたち「プロバイオティクス」

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://health-info.asablo.jp/blog/2006/11/12/858540/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

100%乳酸菌ニブロンの購入サイト 私(オーナー)の腸内健康法として23年間愛飲している乳酸菌を紹介します。
 現役時代ひどい便秘に悩まされていた時にふとした切っ掛けで巡り合った乳酸菌。以来、毎日欠かすことなく飲んでいます。私には便秘の解消から始まって、肝機能の維持・回復と重宝しております。お蔭さまで、悪臭便をする事が無く、花粉症も発病せず、インフルエンザにも罹らず、今となっては結果的に老化防止にも効いているようで、年齢より10歳くらいは若く見えるようです。 そのような訳で、一人でも多くの方が健康になればとの思いで、皆様に奨めています。!